スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「スコルタの太陽」/一族を形作るものとは何か

 2008-09-04-22:08
スコルタの太陽 (Modern&Classic)スコルタの太陽 (Modern&Classic)
(2008/06)
ロラン・ゴデ

商品詳細を見る

一族というものを形作るのは一体何なのだろう? 「家族」ではなく「一族」。それにはたぶん、血を分けた者同士である必要はないのだ。

イタリア、ブーリア地方、強烈な太陽が照りつける貧しい村。ある男の間違いから生まれた、父も母もない、ロッコ。ロッコは、彼をひきとった漁師夫婦の名と、父親の苗字をかけ合わせ、ロッコ・スコルタ・マスカルツォーネという新しい名を名乗る。

父親をただのちんぴらとするならば、自らを伝染病だ、飢餓だというロッコは、正真正銘の悪党だった。あくどい手口で金を集め、権力者となったロッコは、しかし自らの死に際し、その財産のすべてを手放してしまう。それがロッコの呪い。ドメーニコ、ジュゼッペ、カルメーラ。ロッコの子供たちは、裕福な暮らしから一転、貧しさの極地へと追い込まれる。

さて、スコルタの者を、スコルタたらしめているものは何なのか。それはロッコの呪いかもしれないし、ロッコから受け継がれた飢えかもしれない。カルメーラは結婚し、子をなしてもなお、夫に属するわけではなく、スコルタの者であり続けた。カルメーラを愛していた三兄弟の友人も、ある儀式を共に行うことでスコルタの一族となり、カルメーラへの愛を封印する。

さらに一族の結束を強めているのは、秘密を持ち、然るべき時にその秘密を継ぐべき者に、語り継ぐというその行為。自らが体験した真理を語り継ぐという行為。頑ななまでに、自らを一族に縛り付けるその行為。

強烈な太陽の日差しと、強烈な矜持。なんだか不思議な小説でした。詩的で古い雰囲気もあるんだけど、その古さは少し新しい古さに感じてしまいました。なんというか、ちゃんと古くない感じ?

ゴンクール賞受賞作とのこと。でもね、決して悪い小説ではなく、嫌いでもないんだけど、凄い!という感動がないんだよなぁ。「ファラゴ」と同じ、河出書房新社のModern&Classicシリーズなんだけど、このシリーズ、シリーズとしてあまり好きではない感じ(と、思ったけど、今見たら、同じModern&Classicシリーズでも、ほんとは結構いろいろバリエーションがありそうなのね。コンセプトはなんだろう? 二冊読んだとこだと、民話的、神話的なお話かと思ったんだけど)。
コメント
"一族の五世代に渡る戦い"とのコピーからガルシア=マルケスを連想し、"ゴンクール賞"で更に読みたい度アップ。
発売日に即購入して、私も読みました。
が、あちこちにちりばめられている欲望や灼熱の太陽にもパワーを感じられず、がっかりしました。
そして同時に購入した「母の家で過ごした三日間」も積読本になっています。(笑)
【2008/09/05 10:59】 | 7kichi #- | [edit]
7kichiさん、どうも~。
私は図書館本だったので、被害(?)は少なかったんですが、おお、発売日に購入されたんですねえ。
コピーは信用ならんものも多いですけど(笑)、ゴンクール賞はそれなりに信用してたんだけどなぁ。
「母の家~」もゴンクール賞なんですね。
独特の語り口なんですけど、「高校生ゴンクール賞」の「マグヌス」は良かったですよ。

欲望や灼熱の太陽が、いま一つ小道具に収まっちゃってるというか…。
なんか、古色をつけ損ねたアンティークとか、そんな印象も受けました。後ろが透けちゃう感じなのかな。
【2008/09/06 16:19】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1162-68ebb545
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。