スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「とても書けない物語」/ポール・ジェニングス短編集

 2008-06-12-00:06
とても書けない物語 (PJ傑作集)とても書けない物語 (PJ傑作集)
(1994/10)
ポール ジェニングス

商品詳細を見る

ポール・ジェニングスってご存知ですか? 私は全然知らなかったんだけど、この本の扉によると「オーストラリアの生んだ世界的ベストセラー作家」であり、「1980年代半ばから発表しはじめた奇想天外な短編集が子どもや若者はもちろん、大人にもバカ受け。いまや、英・豪では知らない者はいないほどの存在」というお人なのだそうな。

奇想天外な味付けも程よく、でも、あくまで主人公となる子どもは現代のふつうの子供。童話的であったり、時にはあの「穴」のルイス・サッカーを思わせるものだったり。軽く読めるのだけれど、教訓くさくもなく、微妙にズラされたお話が心地良い。ごく短くにやっとしてしまう「嘘発見器」から、公園のトイレに突然王様の玉座のような便座がある、などという発想から始まる「ビロードの玉座」も楽しい。

勧善懲悪というわけではないけれど、いじめっ子にはそれなりの報いが、良い心もちを持っていればそれなりの結果が、どれもこれも嫌な気持ちで終わるものは一つもありません。「泣けよ、泣き虫」は、砂漠、不思議な生き物・あめためがえる、穴、水なんてキーワードから、まさにルイス・サッカー「穴」を思い出してしまいました。

連続で読むものではない感じだけど、他にもまだシリーズがあるようなので、探して読んでみようと思います。さて、わが図書館にはあるのかな?
目次
氷の乙女
ICE MAIDEN
バードマン
BIRDMAN
チョロチョロ噴水
LITTLE SQUIRT
ハーモニカ
THE MOUTH ORGAN
ビロードの玉座
THE VELVET THRONE
泣けよ、泣き虫
CRY BABY
嘘発見器
EX POSER
どろどろポンコツ車
SLOPPY JALOPY
目は知っている
EYES KNOWS
 作者と作品について
コメント
こんにちは。
何冊か持ってますが、軽く読めてけっこう面白いですよね。
読み終わったらすぐ忘れそうですが・・・。
ちょっとオゲレツというか糞尿譚なお話が多い印象もありますが、
オーストラリアではこういうのが受けるのでしょうか。
【2008/07/05 23:19】 | 木曽のあばら屋 #GHYvW2h6 | [edit]
こんばんは~。
そうそう、何よりもこの軽さが特徴ですかね。
あはは、読み終わったら忘れそう。笑
既に私も忘れてきつつあるんですが、楽しかったな~という思いは残ってます。
糞尿譚多かったですっけ??
ここでいうなら、「どろどろポンコツ車」とかかな。
これは、確かにきっちり想像しながら読むと勘弁して~、となりそうなお話でした。笑
うーん、オーストラリアの名誉のためには、どうなんでしょうねえ。笑
【2008/07/06 23:22】 | つな@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1139-57eabbd3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。