スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

沖縄/「太陽の子」

 2005-03-18-08:37
灰谷健次郎「太陽の子」

初めて灰谷さんの本を読んだのがいつだったのか、もう忘れてしまいました。この方の本は、随分沢山読みました。
多感な頃にこの方の本を読むことが出来てよかったと思っています。

「太陽の子」は沖縄の物語です。
神戸にある小さな琉球料理屋「てだのふあ・おきなわ亭」を舞台にしています。「てだのふあ」とは、沖縄の言葉で「太陽の子」という意味です。(FF10の主人公も「ティーダ(太陽)」という名前でしたね。)

料理屋の一人娘ふうちゃんを中心に、「てだのふあ」に集う人々が描かれます。両親やお店に来る人たちに可愛がられ、幸せな生活を送っていたふうちゃんですが、ある日、おとうさんは心を病んでしまいます。心を病んでしまったおとうさんを助けようと、ふうちゃんは周囲の人に助けられながら、おとうさんのルーツである沖縄の勉強を始めるのでした。

主人公のふうちゃんは、キヨシ少年評する所、こういう女の子です。

「おまえ、ほんまにすごいおなごやな。おれの心臓、足でけりよった」

けなげで優しい強い子どもです。

最近では沖縄発の音楽がヒットを続けていますが、この本では沖縄の苦しみ、哀しみが、これでもかこれでもか、と語られます。苦しいです、胸が痛い【肝苦りさ(ちむぐりさ)】です。
あまりにも有名な作品で、今さら私ごときが薦めるのもおこがましいですが、一度は読むべき本であると思います。


日本で唯一地上戦が行われたのが沖縄です。
中でも南部戦線は凄惨をきわめ、市民が大勢亡くなっています。
計算によると当時の県民の4人に一人が亡くなったことになるそうです。
日本兵も大勢亡くなっていますが、兵隊でも何でもない一般の市民の犠牲者の数が圧倒的に多いのです。軍隊は沖縄県民を守らなかったのです(個々の日本兵を責めるわけではありません。軍隊としての方針がそうだったということなのでしょう)。

沖縄の戦争は三十年前に終わっているのである。
戦争は終わっているのだろうか。なぜ、わたしたちの中だけ、戦争は永遠につづくのか。

ここには載せていませんが、文中にある山之口獏という沖縄の詩人の詩もとてもいいです(私は原著にあたったわけではありませんが、Amazonで検索したら、随筆集と詩文集が出ているようです)。


人間が動物とちがうところを、他人の痛みを自分の痛みのように感じてしまうところだ。いい人というのは、自分のほかに自分以外の人間をどれだけ住まわせていることで決まるのだというふうちゃん。

キヨシ少年の母へ向けた絶叫。

吾が子を手にかけざるを得なかった、ろくさんの哀しみ。
ろくさんのその手は戦争によって既に無いけれど、見えないその手がいつまでもろくさんを打つのです。


ただただ涙の一冊であります。


私の手元にあるのは新潮文庫のものですが、灰谷さんはフライデーが少年犯罪者の写真を掲載したことに抗議して、版権を全て引き上げ角川にうつられています。Amazonでは角川文庫のものが出てきたのですが、私のテーマでは新潮文庫に分類しておきます。


*ahahaさんの「人前で読んではいけない本・感涙編」 にトラバさせて頂きました。

*臙脂色の文字の部分は、本文中より引用しています。何か問題がございましたらご連絡下さい。



著者: 灰谷 健次郎
タイトル: 太陽の子
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1126-7d821d9a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。