スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「乙女なげやり」/乙女だけどなげやり、なげやりだけど乙女

 2007-12-04-23:26

三浦 しをん

乙女なげやり
太田出版


「乙女」と「投げやり」。これほど相反する言葉でありながら、一緒にした時に生ずる、このそこはかとないおかしみはどうでしょう。元々は、担当編集者が章タイトルの候補として考えたものを、しをんさんが全体のタイトルとし(て分捕っ)たとのことだけれど、このそこはかとないおかしみ、微妙な脱力感がぴったりと合うエッセイです。

今回も、何回も吹き出しながら読みました。この手のエッセイ、電車で読むのは危険すぎる…(なので、自宅で読みましたですよ)。のだめ」の二ノ宮さんが表紙を描いていらっしゃいますが、しをんさんの愛する漫画の話、BLの話、周囲の友人、家族のお話などが語られます。

このエッセイから何となくしをんさん熱が高まって、しをんさんのブログを発見した私は、ついつい読みふけってしまいましたよ。
 → 「ビロウな話で恐縮です日記

最近、私が読んだ本の関連で言えば、「風の影」の話(しをんさん記事:長っ尻 )、「ねにもつタイプ」の話(しをんさん記事:危険 )が面白かったです。

特に、「ねにもつタイプ」における記憶力の話をするに及んで、中勘助とくらもちふさこを持ってくる感覚が好きだなぁ。

日常の面白い話もそのセンスが好きなんだけど、しをんさんはとにかく、この読み方の確かさに信頼がおけると思うのです。

目次
まえがき
一章 乙女寄り道
二章 乙女病みがち
三章 乙女たぎる血
四章 乙女総立ち
あとがき


■関連過去記事■
・「人生激場」「月魚 」/三浦しをんさん
・「三四郎はそれから門を出た 」/汝、愛なくして語るなかれ
・「私が語りはじめた彼は 」/愛って何だ?
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/109-bc00b6b3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。