スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

兄弟/「間宮兄弟」

 2005-04-23-07:53
江國香織「間宮兄弟」

これ、良かったです。私には久々の江國香織さん。
「きらきらひかる」はちょっと最後ドタバタ?と思うものの結構好きで、「落下する夕方」「ホリーガーデン」なんかにはついていけたのだけれど、なぜか「流しのしたの骨」で脱落。今だったら、これも読めるのだろうか。
ちょっとね、あまりにふわふわして綺麗で、それでいて残酷な女性像が、一時期苦手に感じたのだと思います。どうも彼女達に振り回される、周囲の方に気が回ってしまう。…脇役気質?

居心地のいい空間で、二人暮らす間宮兄弟。外見や内面は対照的なのだけれど、昭信と徹信の共通点は女性にもてないこと。夏から冬にかけて、彼らの生活に変化が訪れる。切っ掛けは、レンタルビデオ屋の店員直美ちゃんと、徹信の職場の同僚依子を、自宅でのカレーパーティーに誘ったこと。これを機に、直美ちゃんとその妹の夕美ちゃん姉妹、夕美ちゃんのボーイフレンドとの交流も生まれる。昭信の会社の先輩、賢太の妻沙織も後半で登場。夏が過ぎ冬になって、彼らの生活には何の変化もなかったのだけれど、彼ら兄弟の存在は周囲に確かに影響したのだ。

明信は先輩の賢太が評する所、こんな人物。
「何よりも好ましいのは、明信が不快な話を決してしないことだ。愚痴もなければ噂話もない。二人で酒を飲んでいるときでも、明信が話すのは弟のこととか野球のこと、美味いものを食べたとか妙な映画を観たとかいうことばかりで、退屈ではあるが聞いていると我知らず心和む」。
中々好もしい人物なのです。この間宮兄弟のマンションが本当に居心地良さそう。「ダイヤモンドゲーム」、祖父の家にあってよくやったなあ、とか「怪盗ルパンシリーズ」、ケストナー、リンドグレーン、懐かしい!とか。音楽もなかなか。 でもやっぱり「もてない」んですよね。この兄弟もずっとこのままというわけではないのだろうか。それともこのまま、二人生きていくのだろうか。浮世離れした理想郷では、ある。

ところで同性のきょうだいって、こんなにも仲のよいものなのでしょうか。間宮兄弟は勿論、直美ちゃん、夕美ちゃん姉妹も、ちょっとびっくりするくらいの仲のよさ。私は残念ながら、きょうだいは弟一人なので、大人になってからはそんなには仲良くしていません(物理的距離もありますが)。考えれば、母と叔母は今でも仲良し。兄弟、姉妹の絆が少し羨ましくなりました。

でも、「たしけてくえー」と叫ぶきょうだいはいらないかも。笑 
酔っ払いとしてよく分かる言葉ですが、私は酔ってもそんな風にはならないぞー(赤い顔してるか青い顔してるかどっちかで、尚且つ青い顔の時は、そんな風に叫ぶ余裕すらない気がする。や、もういい年なので、最近は赤い顔になるばかりですが) 。

?
著者: 江國 香織
タイトル: 間宮兄弟

*臙脂色の文字の部分は、本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1072-c8e14f54
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。