スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「死神の精度」/生か死か

 2007-12-11-22:24

伊坂 幸太郎

死神の精度


目次
死神の精度
死神と藤田
吹雪に死神
恋愛で死神
旅路を死神
死神対老女


目次を見てもひたすら死神死神なんだけれども、そう、これは人間界でオシゴトをする死神・千葉のお話(人間界で仕事をする死神には、なぜか地名に基づいた名前がある)。

人間界においては完全に旅人であり、様々な感情、感覚を、借りた男性の体を使って、しっとりと味わっていくブラッド・ピット主演、ジョー・ブラックをよろしく(感想はこちら )と同様に、「死神」は人の微妙な機微や、言い回しが分らないけれど、これはどちらかというと缶コーヒー「BOSS」における、トミー・リー・ジョーンズ演ずる宇宙人の方がイメージに近いかなー。余計な仕事はしないことをモットーとしているし、結構冷たくも感じそうな部分もあるけれど、自分とは違う存在である人間を、仕方ないなと見守ったり、その不思議さ、脈絡のなさを尊重しているように思うのです。

ちょっとお茶目な面も用意されていて、それは死神たちの特性として、「ミュージック」を何よりも愛するところ。調査部に属する死神のお仕事は、情報部(やつらは、いつだって必要な情報しか与えてくれない。こちらから特に聞かない限りは!)から渡されたスケジュール表を元に、死を迎える人間に接触し、その人間の死を見定めること。彼が「可」と言えば一週間後にその人間は死に、「見送り」と言えばその人間は生き続ける。大抵は「可」の判定を下すこの死神・千葉。さっさと仕事を終わらせれば良さそうなものだけれど、どうも、この死神たちは「ミュージック」を聞きたさに、調査を延ばしているようなところもある。同業者に会うのは、どこよりもCDショップの確率が高い。

仕事で人間界にやって来る時は常に雨が降っていて、これまで晴天を見たことがなかったこの死神・千葉。この短編は、短いスパンの話ではなくて、実は長い期間にまたがる話。
最後に千葉がみた景色が良い。

人間というのは、眩しい時と笑う時に似た表情になる。眩しいのと嬉しいのは似てる?
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/107-535379b7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。