スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

美しい物たち/「職人気質をひとつ―和の雑貨と暮らす」

 2005-05-15-14:33
数多くを持っているわけではありませんが、大量生産ではない味のある物たちも大好きです。食器なんかだと、「食洗機にかけられない!」とかの悩みもあるわけですが(食洗機とか使ってる時点で、丁寧な暮らしじゃないかな、と思いつつも。ええ、100円均一だって大好きです)。

小山織「職人気質をひとつ―和の雑貨と暮らす」日本放送出版協会

「NHKおしゃれ工房」(2000年4月~2002年3月)に連載された同名の連載に加筆したものとのこと。 『はじめに』と題し書かれている言葉を、以下に引用します。

機能的な大量生産の工業製品を使い 欧米ふうの生活様式で暮らす私たちの今
芯の通った職人気質で作られた手仕事が そこに何かひとつ加わると 俄然あたたかで快い空気が流れ出す。
伝統を忠実に守って作られた形 現代風にアレンジしたり、新たに作り出された形 職人さんにより生まれる形はさまざまだが 私たちの暮らしを 新鮮にしてくれたり 和ませてくれたり おしゃれにしてくれたり。
今、職人さんの仕事に注目!
「職人気質」をひとつ、身近に。
暮らしをこころ豊かに、楽しく。

リビング、食卓、よそおい、遊びごころの四章に分かれ、作品そのものの解説と、それを作る職人さんの紹介がなされています。写真も綺麗。全て全て、いいものを買うのは金銭的に無理なのだけれど、少しずつ自分の気に入ったものを集めていきたいと思う。一つ一つの作品と職人さんの紹介はちょっと物足りないかなあ、という感じで終わってしまってますが、紹介書としてはこんな感じなのかも。

紹介されている中で気になったのは「ガラスペン」。昔からガラスものに弱いのです。お祭りの縁日のガラス細工の小物を随分買ったものです。置く場所に困ることに気付いて、途中から購入しなくなりましたが、今でもガラス細工を見るのは好き。最近では琉球ガラスの食器とか。
ガラスペンなんて存在も知らなかったのだけれど、
「ボールペンとはまたひと味違う、滑らかな書き心地のガラスのペン先は、明治時代に風鈴などを作るガラス職人によって考案された。昭和の半ば過ぎにボールペンにとって替わられるまで、官公庁の筆記用具として使われ、いくつかあった製造元では、生産が間に合わないほど普及していたという。」
「今、ただひとつ残るガラスペン製造元。従来のガラスペンは竹や樹脂の軸にガラスのペン先を差し込んだものだった。それが数年前、遊びごころからペン先と持ち手が一体となった総ガラスのペンを作ったところ、その美しさが注目を浴び、最盛期の頃のような忙しい日々にまた戻ってしまった。一度インク壺に浸すとインクが均等にしみ出てハガキ一枚くらいは書ける」
ということらしいです。

手間、美しさを考えると決して高くはないと思うけれど、問題は自分の字。汚いことと、手で字を書く機会が少ないことですね・・・。使用しないものを買ったってしょうがないし・・・。


著者: 小山 織
タイトル: 職人気質をひとつ―和の雑貨と暮らす
*臙脂色の文字の部分は、本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡下さい。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1041-1f7f795d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。