スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

演じる/「野ブタ。をプロディース」&「前略・ミルクハウス」

 2005-06-02-07:31
白岩 玄「野ブタ。をプロデュース」

人にはその生活において様々な役割がある。だからその所属グループ(家族、友人、会社などなど)によって、少しずつ異なる貌を見せている。「本当の自分」というのはよく分からない言葉だけれど、きっと多少の演じ分けは皆がしていること。

これは超自覚的な演技で、クラスの人気者として君臨する、高校生・桐谷修二くんの物語。彼のクラスに小谷信太(信太、だから野ブタ)くんが、転校生としてやってくる。容姿に恵まれず、オドオドと挙動不審な「野ブタ」くん。クラスの仲間にも勿論入れてもらえないし(「キモい」、から。嗚呼、高校生って!)、早速いじめのターゲットになってしまう。偶々、いじめの場面に出会ってしまった修二。「野ブタ」に弟子入りを志願される。

修二は「野ブタ」をプロデュースして、人気者に仕立てあげることを決意する。「野ブタ」は見事人気者になるが、プロデューサーに徹していた修二の演技力は鈍る。さて、最後はどうなるのか?

これ、こんなにも若い作者が書いたのか、とびっくり。非常に上手い小説だった。今後の作品はどうなるのか? 次作にも期待。


「演じる」で思い出したのが、小説ではなく漫画だけれどこちら。

川原由美子「前略・ミルクハウス」

これは下宿屋「ミルクハウス」を舞台にした物語。ひょんな事から一緒に住むことになった男女数名。細かい所はもう覚えていないのだけど、日々演技をして生きていた「涼音」の事が強く印象に残っている。

涼音は過去色々屈折する思いがあって、本当は真面目なのにわざとちゃらんぽらんに見せて、誤魔化して、生きている(大体、男性なのになぜか女装しているし。しかも超のつく美少女っぷり)。途中までは普通にドタバタコメディなのだけれど、印象に残っているのは後半の展開。

平穏に暮らしていたミルクハウスに、ある日突然「涼音の元カノ」が転がり込む。涼音の元カノは、涼音の屈折した思いや日々を知っていて、「だから、私はあなたが分かる。あなたは私と付き合うべきだ」と復縁を迫る。涼音の元カノも、彼と同じような痛みを抱えて、彼女は「私はそんなに強くない」から、自分を分かってくれる、知っていてくれる人が欲しいのだ。でも、涼音は「演技しているのを解られるのは辛い」。それでどうせ演じるなら「何も知らない観客の前がいいよね」。

彼が好きなのは、多分自分の事を何も分かっていない、ちょっと鈍い天然ボケの主人公・芹香。芹香だって悩まないわけじゃない。「自分の知らない涼音さん」の存在に悩むし、それを私にも教えて欲しいと迫る。大体、涼音の告白の仕方がずるいんだよね。毎度ただ、「好き、好き」「芹香ちゃん、可愛い~。愛してるわっ(抱きっ)」と言うだけなの。ある意味、一番賢い口説き方なのかもしれないけど。

涼音は芹香の自分を見る目が変わることを恐れ、過去を知られることを恐れる。結局、芹香は過去の涼音を知ってしまうのだけど、それでも丸ごとの彼を受け入れる。「ほんとうの自分」なんてものはないと思うけど、「このように見られたい自分」と「あまり知られたくない自分」というものがあることは、分かる。大人になるにつれ、この間の差は縮まっていったけれど。

きっと涼音と元カノでは、傷の舐め合いのようなことになってしまったのだよね。芹香と生きることで、涼音は新しく生きることが出来る。芹香の魅力が当時はよく分からなかったのだけど、このある種の「鈍さ」と包容力が彼女のいい所だったのだと、今は思う。


冒頭に戻って、高校生・修二の今後はどうなるのかなあ、と思う。

著者: 白岩 玄
タイトル: 野ブタ。をプロデュース
著者: 川原由美子
タイトル: 愛蔵版 前略:ミルクハウス [少年向け:コミックセット]

*「前略・ミルクハウス」が手元にないままに、書いてしまいました。細かい部分など、間違っているかもしれません。そして、説明が分かり難くて申し訳ありません。うーん、ぐだぐだ。 うはー、そして画像も出ないですね。そんでもって、これって少年向け漫画だったのか??
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tsuna11.blog70.fc2.com/tb.php/1004-65ff5bf8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。