スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「失われた町」

 2012-01-28-10:35
失われた町 (集英社文庫)失われた町 (集英社文庫)
(2009/11/20)
三崎 亜記

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
ある日、突然にひとつの町から住民が消失した―三十年ごとに起きるといわれる、町の「消滅」。不可解なこの現象は、悲しみを察知してさらにその範囲を広げていく。そのため、人々は悲しむことを禁じられ、失われた町の痕跡は国家によって抹消されていった…。残された者たちは何を想って「今」を生きるのか。消滅という理不尽な悲劇の中でも、決して失われることのない希望を描く傑作長編。


理由もなく失われること。自ら使命を選び取り、それに抗うこと。希望を繋ぐこと。そして、失われるが故に、今を生き、いとおしむこと。
設定の巧みさに唸る。三十年ごとに、一つの町から忽然と住民が消失する、町の「消滅」という現象。古奏器、異郷である西域、奥行きがありそうなお茶の話。私たちが住む世界とは、微妙にずれた世界もまた魅力的。
スポンサーサイト

「ペンギン・ハイウェイ」

 2012-01-28-10:25
ペンギン・ハイウェイペンギン・ハイウェイ
(2010/05/29)
森見 登美彦

商品詳細を見る

内容紹介
小学四年生のぼくが住む郊外の町に突然ペンギンたちが現れた。この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした。未知と出会うことの驚きに満ちた長編小説。


モリミー描くところの腐れ大学生を愛するものであるが、かしこい小学生もまた良き哉。ボーイ・ミーツ・お姉さん&不思議。アオヤマ君のかわゆいこと! 大人になるまで三千と七百四十八日。少年はペンギン・パイウェイの果てに、再びお姉さんと出会う事が出来るのか。

お、お久しぶりです

 2012-01-28-10:20
ブログを放置して約二年・・・。相変わらず読んではいるものの、なんだかきっちり(?)した感想を書けないなー、と思い、キーボードを叩く手も止まりがちに。
しかし、最近始めたfacebookでも、結局本の感想も書いてしまったりして。一言一言になってはしまうけれど、やっぱり感想はこちらに残しておこうかなぁ、と思いました。またボチボチ感想書いていきます。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
04 | 2012/01 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。