スポンサーサイト

 -----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「錦絵双花伝」/虚と実とそして・・・

 2006-12-28-00:11
米村 圭伍
錦絵双花伝

風流冷飯伝 」、「退屈姫君伝 」の米村さん、長編三作目がこの「錦絵双花伝」とのことだったので、借りてきたんですが、私はまたやってしまいましたよ。関連はしているものの、シリーズとしては退屈姫君伝とは違う時間軸で時間が流れているみたい。「退屈姫君伝」シリーズを読みたければ、そのまま素直に「退屈姫君 海を渡る」にいっちゃって良かったようデス。それはさておき、こちらの本の感想をば。

目次
序幕 薄墨
二幕目 笠森お仙
三幕目 柳屋お藤
四幕目 鈴木春信
五幕目 大田直次郎
六幕目 むささび五兵衛
七幕目 怪光
八幕目 変化
九幕目 飛翔
十幕目 熊野行
十一幕目 父娘
十二幕目 嫁入

「風流冷飯伝」、「退屈姫君伝」を読んで、この作家さんは沢山の知識を持っていながら、物語を語る上ではそれを贅沢にざばざばと捨てているんだなぁ、と思っていた。で、そういった知識をきっちり使ったらどうなるのかなぁ、と思っていたんだけど、私の印象で言えば、それがこちらの「錦絵双花伝」。それらの知識を殆ど余すことなく用い、実在の人物、出来事と虚の部分を非常に巧みに絡めたストーリー。ただし、その分、退屈姫君伝などで見られた、あっけらかんとした呑気な雰囲気は随分と陰を顰めている。

これは、お江戸美少女旋風の話であり、とりかへばや物語でもあるんだけど、物語の内容としては、いっそ陰惨とも言える。田沼意次による藩の取り潰しにしても、「退屈姫君伝」の中で描かれるそれは、めだか姫や風見藩の人々の呑気さによるものなのか、身体の危機に迫るものではない。悪人の血は流れるけれど、大半の良い人々は良い人々のまま。悪人を悪人として、ある意味紋切り型に描く「退屈姫君伝」よりも、悪人側の事情が描かれる事で、また遣り切れなさが募るのかも。ほとんど愚かともいえる何とも哀れな女や、因果が巡る様も描かれるしねえ。その辺を考えると、ちょっとしみじみ。

「退屈姫君伝」ではお馴染みの、くの一の真っくろ黒助のお仙。そういえばお仙の父、むささび五兵衛が営む茶屋は笠森にあったわけだけど、でもでも、それが鈴木晴信の美人画「笠森お仙」のモデルだなんてー。もう一つの「花」、つまり双花の片割れは、これまた美人画に描かれた、柳屋お藤なのであります。このお藤はそばかすを除けば、なぜかお仙にそっくりで・・・。取り潰しにあった藩の武家の娘であるお藤と、熊野の山奥で育ったくの一のお仙に果たして何の関係が?
というわけで、これは錦絵に咲いた双つの花、お仙とお藤の物語。

小さい頃を知っていた女の子が美人に育つのは嬉しいもので、その辺はちょっと嬉しく読んだんだけど、内容は結構ハード。実際に合った出来事を盛り込みつつ、終盤は伝奇小説的な要素まで絡んでくる。ある一点を除けば、納まるべきところに納まったんだろうけど、その一点のその後についても気になるなぁ。あ、倉知の旦那は珍しく頑張ってます。

好きか嫌いかで言えば、やっぱり「退屈姫君伝」シリーズの呑気な雰囲気が好きだけど、ま、たまにはこういうのもいいかな、と思った。そういえば、田沼時代を舞台にした時代物としては、この他にも、池波正太郎「剣客商売」、諸田玲子「お鳥見女房」なんかもあるわけで、この時代は小説にし易い時代であったのかなぁ。
スポンサーサイト

「風流冷飯伝」/風見藩が冷飯ども

 2006-12-17-00:19
米村 圭伍
風流冷飯伝

目次
その一  桜道なぜ魚屋(ぼてふり)に 嗤われる
      冷飯の逃げ足冴える時分どき
その二  あれもうもうたまりませんと娘連
      どうもそう見られていては食えやせん
その三  のどかさや凧をあやつる怪物(おじょも)かな
  
    しびれさせ峯紫は跡白波
その四  眉に唾たいこ狐に化かされて
      藻屑蟹に勝負をいどむ一角獣(うにこうる)
その五  短さが哀れを誘うお行列
      手毬唄つまらぬ殿は雪隠に
その六  通えどもつれない素振りの小町さん
      もてあます葛篭の底の春画本
その七  解けました源内作の手毬唄
      大暴れ冷飯どもが夢の跡
その八  駒が舞う不成(ならず)の妙手剣四郎
      詰将棋はたして詰むや詰まざるや
その九  あれごらん凧のおじちゃん右回り
      晴れ舞台降るは喝采花の雨
その十  友がため振るう天賦の舌三寸
      入婿の閨を怖がる情けなさ
その十一 嫂の剃刀を研ぐ怖い顔
      締められて蛤に泣く俄か医者
その十二 へぼ将棋待った反則咲き乱れ
      剣四郎とどめの一手地獄落ち
その十三 鹿島立ち姉の手蹟を懐に
      だるまさん田沼転んで都詰め
その十四 別杯に乙な合いの手波の音
      帰りなん薫風に袖なびかせて

退屈姫君伝 」で風見藩を探りに行ったまま、行方不明となっていた、お仙の兄、一八。?
彼は一体何をやっていたのかといいますると、そう、実はこんな事をやっていたのです。
という、「退屈姫君伝」とは表裏をなすような物語。

幕府隠密の手先となって、風見藩に潜入した一八は、そこで冷飯食いの数馬と出会う。江戸の幇間に化けた一八。早速、武家である数馬にたかろうとするが、小藩である風見藩の冷飯食いであるからして、数馬には当然金などない。しかししかし、一八は一銭の金にもならないと知りながら、この「見るが極楽」でどことなくとぼけた冷飯、数馬の友となるのだった。そして、隠密の手先でありながら、随分と風見藩に肩入れして、この小藩の行く末に気をもむ事になる。この辺は、めだか姫に肩入れするお仙と一緒。流石兄妹ともいえるのかなー。

先々代の藩主が定めたという、奇妙なしきたりが数多く存在する風見藩。そして、そこでつましく暮らす冷飯ども。最初は奇妙なしきたりを律儀に守るちょっとヘンな奴ら、無為の時を過ごす冷飯どもと、この小藩に住む人々を冷笑していた一八だったけれど・・・。

風見藩は、「武家が武家たる誇りと慎みを忘れ、金が全てを支配する世の中になってみよ、それで万民が幸せになると思うか」なんていう正論をきっちり吐く男がいる藩であり、遊び心を十分に持つ心豊かな藩であった。一八でなくとも、風見藩の人々には心惹かれてしまうよな。

さて、このシリーズでちょっと面白いのは、何かと悪評ふんぷんの、第十代将軍家治が、単なる趣味人ではなく、なかなかの大人物に描かれている事。ほんのぽっちりしか登場しないのだけど、ちょっと気になる存在なんだ。あ、で、彼が重用した田沼意次は、通説どおりというか、きっちり悪い感じに描かれてるけど。笑

もう一つ付け加えるとすれば、性に関する大らかな記述もこのシリーズの特長かなぁ。「退屈姫君伝」でもそういう描写は出てきたけれど、こちらの「冷飯伝」に出てくるのは、江戸前の男を何よりの好物とする、飯盛女おふく。何も知らずに寝ている男性はご用心。おふくの餌食となってしまうのだ!(それは、ほとんど悪夢のようなもの、であるらしい) でも、実はこんな設定も後できっちり意味が出てくるんだよね。「退屈姫君伝」も「風流冷飯伝」のどちらも、女性優位だなー、とも思うけど。笑 いや、働く女性の強さなのかなー。

 ← こちらは文庫

「退屈姫君伝」/めだかの姫さま、活躍す

 2006-12-06-23:07
米村 圭伍
退屈姫君伝

陸奥磐内藩の末の姫君、めだか姫が嫁いだのは、四国の小藩、風見藩。石高は、五十万石から、吹けば飛ぶよな二万五千石へ。大藩に居た頃とは何かと勝手が違うものの、嫁いだ藩主、時羽直重もなかなかの好人物であり、めだかの姫は、天真爛漫の気質を損なうことなく、今日もゆく。

目次
 
そもそものはじまり
第一回  あくびとは眠くなくても出るものね
第二回  水茶屋の天女に惚れるお庭番
第三回  小藩はひとつ足りない六不思議
第四回  怪人の頬が震える歩三兵
第五回  鵺が鳴き人魂は舞い賽子は鳴る
第六回  波銭の名月冴える盆の庭
第七回  切餅をほどけば娘あとずさり
第八回  どの門に回れど同じ赤い痣
第九回  古井戸や簪飛び込む水の音
第十回  意次の子はにぎにぎをよく覚え
第十一回 油照り暑さをしのぐ心太
第十二回 化かされて破邪の剣は空を切り
第十三回 市松の生首が浮く蚊帳の外
第十四回 猫ならばネの字の獲物いけどりに
第十五回 白玉の涼爽やかに大団円
 これでおしまい

「退屈姫君」という言葉と、「しゃばけ 」シリーズでお馴染みの柴田ゆうさんの表紙絵で、気になっていた本シリーズ。どれが最初なんだか分かり辛くて、なかなか借りられなかったんだけど、「姫君」もので一番最初らしいと思われた本書を借りてきました。実はこれ、結論から言っちゃうと間違いだったんですけどね。正しくは、「風流冷飯伝」がシリーズの始まりだったようです、く、悔しい。ま、でも、大勢に影響はなく、するする読んじゃう事が出来ましたが。

さて、輿入れの後、短い蜜月を過ごしたものの、夫の直重はめだか姫に江戸の藩邸を任せて、参勤交代で国許へ帰ってしまう。暇を持て余しためだか姫は、風見藩に伝わる七不思議ならぬ六不思議を解いてやろうと、意気込むのだけれど・・・。

六不思議はいつしか、風見藩や磐内藩の存続をかけた大問題へと発展する。さて、めだか姫は、夫から任されたこの藩邸を護りきる事が出来るのか。くのいちのお仙、頼りない幕府隠密、冷飯の弟君、長屋の人々がめだか姫の味方。対する敵は、なんと今を時めく、老中、田沼意次。

めだか姫本人は知力にも自信がありといった感じなんだけど、美貌はともかく知力の方は、勘は良いけど習い事の将棋の手を見ても、ちょっと危うい。その辺は、それぞれ一長一短はあるけれど、キャラの立った周りの者たちと力をあわせて、といった感じかなぁ。

新しい世界が見られるとかそういう物語ではないんだけど、手練れの語り口をゆったり楽しむことが出来る本。しかし、新潮社は「しゃばけ」シリーズや、お鳥見女房シリーズ金春屋ゴメスシリーズ と、ほのぼの時代物セクションでもあるのかしらん。いや、好きなんだけど、こういう安心、ほのぼの時代物シリーズが多いよなぁ、と。

 ← こちらは文庫
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

つな がる

Author:つな がる
つなです。
「日常」logとも称していますが、そう多くはない手持ちの本、興味が赴くままに借りてきた図書館本の感想が主になります。
興味を持った記事があったり、あなたが読み終えた本について語っていたら、是非あなたの感想を教えて下さい。お待ちしています。

2008年3月23日に、fc2ブログに引っ越してきました。それ以前のamebaブログでの更新も、引っ越しツールによって移行しています(以前の記事は、表示が少々見辛いかもしれません。ご容赦を)。

掲示板その他リンク

ユーザータグ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
カウンター

月別アーカイブ
検索エンジン情報
Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。